お知らせ

「石鎚 純米大吟醸」が、7月1日から日本航空(JAL)国内線ファーストクラスに搭載されています。

2019.07.01

 7月1日(月)より日本航空(JAL)国内線ファーストクラスにおいて、愛媛県産の食材を使用した機内食の提供が始まっています。この際、愛媛の酒として「石鎚 純米大吟醸」が採用・搭載されております。詳細はJAL機内誌“SKYWARD”の7月号に掲載されています。
 また、羽田・成田空港の国際線ビジネスラウンジにおきまして、「石鎚 純米吟醸緑ラベル」が6月から8月まで採用され、提供されております。
 6月28日には、愛媛の酒アンテナショップ「蔵元屋」にて、記者発表並びに振る舞い酒イベントも開催いたしました。